お知らせ・更新情報

2019年2月26日

国土交通省の「平成28年度下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)」に係る技術実証研究の終了およびガイドラインの策定について

 株式会社大川原製作所、神奈川県秦野市、関西電力株式会社の3者からなる共同研究体(以下、本共同研究体)は、国土交通省の「平成28年度下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)」において「自己熱再生型ヒートポンプ式高効率下水汚泥乾燥技術」の実証(以下、本実証)を行ってまいりました。

2016年7月15日2017年1月30日お知らせ済み]

 このたび本実証が終了し、その結果に基づくガイドラインが、国土交通省より本日公表されましたのでお知らせします。

(ガイドラインは国総研ホームページに掲載)

 本実証により、従来の熱風式乾燥技術と比較して、自己熱再生型汚泥乾燥の省エネ・コスト削減効果が認められるとともに、乾燥汚泥の含水率を安定的に調整できることが確認でき、汚泥の有効利用にかかる用途の拡大も見込むことができました。
 また、ガイドラインが策定されたことで、本共同研究体による実証のみならず、国交省による技術認証を取得することとなり、自治体等での導入がより一層進むと期待されます。

 株式会社大川原製作所、神奈川県秦野市、関西電力株式会社の3者は、引き続き本技術を通じて、温室効果ガスの削減や下水処理場の運営費の低減、循環型社会の実現に向け、それぞれの特性を活かしながら、一体となって取り組んでまいります。

※B-DASHプロジェクト:
Breakthrough by Dynamic Approach in Sewage High Technology Project
国土技術政策総合研究所の委託研究として、民間企業、地方公共団体、大学等が連携して行う実規模レベルの実証研究

以 上

検索ワード