プレスリリースRSS

2018年5月28日
関西電力株式会社

電気料金の値下げについて

 当社はこのたび、大飯発電所3、4号機の再稼動を踏まえ、7月1日から、関西のお客さまの電気料金を、平均で5.36%値下げすることとし、本日、経済産業大臣に電気特定小売供給約款等※1の変更届出を行いました。

 現在運転中の大飯発電所3号機に加え、今後、大飯発電所4号機についても、現在の工程が順調に進むと、6月上旬に本格運転を再開する予定です。あらためて、今回の再稼動にあたり、立地地域をはじめ、これまで一方ならぬご尽力を賜った皆さまに、心より厚く御礼申し上げます。

 今回の電気料金の値下げは、2度の値上げによりご迷惑をおかけしたお客さまに、昨年度の値下げ※2に続き、大飯発電所3、4号機の再稼動による火力燃料費等の削減分と、経営効率化の深掘りの成果等を、ご使用量が多くなる夏場に向けて、出来るだけ早くお返しするものです。

 当社は、引き続き、原子力プラントの安全・安定運転に努めるとともに、安全性が確認された原子力プラントについて、立地地域の皆さまのご理解を賜りながら、早期の再稼動に安全最優先で取り組んでいきます。
 また、お客さまにとって魅力のある料金メニューの設定や、さらなるサービスの拡充にも努め、価格とサービスの両面で、当社の電気の競争力を高めていきます。

 当社は今後も、エネルギーの垣根を越えた競争時代において、電気に加え、「関電ガス」や当社グループのサービスを組み合わせた、トータルエネルギー提案活動を進め、お客さまから信頼され、お選びいただき、エネルギー分野における日本のリーディングカンパニーとなることができるよう「power with heart」の想いで、全力で取り組んでまいります。

以 上

  • ※1:電気最終保障供給約款についても変更届出を行いました。
  • ※2:当社は、平成29年8月1日から、高浜発電所3、4号機の運転再開による火力燃料費等の削減分と経営効率化の深掘りの成果等を踏まえ、値下げを実施。

OSAKA-KANSAI JAPAN EXPO2025

検索ワード