プレスリリースRSS

2019年1月15日
関西電力株式会社

次世代型低速自動走行モビリティサービス『iino』プロジェクトの本格始動および「iino」を活用した移動空間サービス事業の技術実証実験の開始について

 当社は、このたび、「iino」プロジェクト(以下、本プロジェクト)について、本格的に事業化に取り組むこととし、「iino」を活用した事業の第一弾として、株式会社ゴールデンフィールド(以下、ゴールデンフィールド)および損保ジャパン日本興亜株式会社(以下、損保ジャパン日本興亜)と連携し、移動空間サービスの事業化に向けた技術実証実験(以下、本実証)を本日より開始します。

 「iino」は、自動運転を前提とした、低速・短距離専用の電動モビリティで、新たな移動サービスの実現を目指し、これまで主に当社の若手ネットワークであるk-hack※1のメンバーを中心に最適な自動走行技術を持つパートナー事業者やモビリティ上でのコンテンツ提供者を広く募集するなど、事業構想の検討を行ってきました。

 このたび、本プロジェクトの事業化に向けた第一弾の取組みとして本実証を行います。
 具体的には、「リラクゼーション×時速5キロ」をコンセプトに、「iino」のモビリティ上で、ゴールデンフィールドが日本初の「頭のほぐし専門店」として展開する「悟空のきもち※2」での施術を提供するもので、損保ジャパン日本興亜の自動運転走行に対する安全性向上支援技術(リスクアセスメント)※3も活用しながら、2019年春のサービス化に向けた技術実証実験を行います。

 今後、本プロジェクトは『○○×時速5キロ』をテーマに、さまざまな業種とタイアップし、これまでにない新しい商品・サービスを開発してまいります。

以 上

  • ※1:ボトムアップ型のイノベーション・プロジェクトを自発的に立ち上げ実践する関西電力グループの若手社員を中心としたコミュニティ。
  • ※2:日本初の頭のほぐし専門店として2008年京都に開店し、ドライ(無水)ヘッドスパサービスを提供している。
  • ※3:走行中の遠隔監視(見守り)システムや事故発生時の現場駆けつけシステム、自動運転専用自動車保険の適用など。
検索ワード