プレスリリースRSS

2019年3月26日
関西電力株式会社

「関西電力グループ中期経営計画(2019-2021)」の策定について

 当社は、2016年3月に策定した「関西電力グループビジョン」のありたい姿の実現に向けて、これまで2016年4月に策定した実行計画「関西電力グループ中期経営計画(2016-2018)」の達成に向け、グループの総力を結集し電力の安全・安定供給の全うに努めるとともに、電力・ガスの小売全面自由化などの厳しい競争環境下においても着実に成果を上げてきました。
 その上で、持続可能な社会の実現に向けた企業の貢献に対する要請が高まる中、厳しい競争に打ち勝つための取組みを徹底しつつ、将来を見据えてあらゆる分野で変革に取り組むことで、お客さまや社会に新たな価値を提供していきたいと考え、当社グループは、このたび、その実現に向けた3ヵ年の実行計画として、新たに「関西電力グループ中期経営計画(2019-2021)」を策定しました。

【取組みの方向性】「将来を見据え、一歩先へ。」-FORWARD!!!-
○「安全最優先・社会的責任の全う」を経営の基軸に位置づけ、安全・安定供給の責務を果たすとともに、経営基盤の強化に取り組む。
  • ①「低炭素」のリーディングカンパニーとして、気候変動問題への対応をはじめ、環境負荷の低減に取り組む。
  • ②これまで培ったソリューション力を活かして、「安心・快適・便利」で経済的なエネルギーサービスをお届けする。
  • ③グループ総合力を発揮して新たな事業・サービスを創出し、お客さまや社会の幅広い課題の解決に貢献する。
  • ④新たな価値の創出に向けて、デジタルトランスフォーメーションを実現する。

 このたび策定した中期経営計画では、安全・安定供給の責務を果たした上で、デジタルトランスフォーメーションにより生産性の向上と新たな価値の創出を実現しつつ、「安心・快適・便利」で経済的なエネルギーサービスのお届けや、「社会課題」「環境性」「技術革新」の新たな潮流を捉えた戦略を展開することで、「持続可能な未来社会の実現を支える共通基盤」の主要な担い手として、お客さまや社会の様々な課題解決のお役に立ち続けるとともに、グループ全体で経常利益3,000億円以上の達成を引き続き目指していきます。
 当社グループは、エネルギー分野における日本のリーディングカンパニーとして、グループ一丸となって、今回の計画を着実に実行することで、たゆまぬ前進を続け、お客さまと社会のお役に立ち続けてまいります。

  • ※お客さまの立場に立った安心、快適、便利なサービスを幅広くお届けし、くらしとビジネスのベストパートナーとして信頼され、選ばれることで、国内外において成長を続けながら、エネルギー分野における日本のリーディングカンパニーとしての役割を果たしていきます。

以 上

検索ワード