数字でみる関西電力

年度 2014 2015 2016 2017 2018 単位
CO2排出量(基礎)※1,※2 7,141 6,487 6,179 5,018 4,200 万t-CO2
CO2排出量(調整後)※2,※3 7,029 6,331 5,989 4,822 3,900 万t-CO2
CO2排出係数(使用端)(基礎)
(販売電力量あたり)※2,※4
0.531 0.509 0.509 0.435 0.35 kg-CO2/kWh
CO2排出係数(使用端)(調整後)
(販売電力量あたり)※2,※4
0.523 0.496 0.493 0.418 0.33
【参考】 世界のCO2排出量※5 323 323 億t-CO2
日本のCO2排出量※6 12.66 12.26 12.06 11.40 億t-CO2
電気事業※7 CO2排出量
(CO2クレジット等反映前)
4.70 4.44 4.32 4.11 億t-CO2
CO2排出量
(CO2クレジット等反映後)
4.69 4.41 4.30 4.11
CO2排出係数
(CO2クレジット等反映前)
(販売電力量あたり)
0.553 0.534 0.518 0.497 kg-CO2/kWh
CO2排出係数
(CO2クレジット等反映後)
(販売電力量あたり)
0.552 0.531 0.516 0.496
CO2以外の温室効果ガス N2O(一酸化二窒素)※8 2.9 2.7 2.8 2.8 2.4 万t-CO2
SF6(六フッ化硫黄)※8 5.0 4.4 4.8 4.6 5.1 万t-CO2
原子力発電設備利用率※9 0 1 0 18.0 54.6 %
火力総合送電端熱効率※10 46.5 46.6 47.6 48.3 49.0 %
総エネルギー使用量※11 760,782 701,316 675,113 554,656 550,865 千GJ
 燃料消費分(kWh換算) 212,641 196,009 188,668 154,892 137,509 百万kWh
 熱消費分(kWh換算) 34.8 34.2 36.1 34.2 33.4
火力燃料消費量 石炭 4,034 3,871 4,163 4,288 3,455 千t
重油 332 193 275 157 136 キロリットル
原油 4,240 3,366 1,358 345 194 キロリットル
LNG 8,824 8,319 8,686 7,287 6,734 千t
木質ペレット 17 18 18 16 2 キロリットル
(重油換算)
その他 0.1 0.6 460 361 288
原子力発電用燃料(照射前ウラン重量) 61 37 87 tU
水力発電所設備更新 0 1,744 1,500 500 900 kW
送配電損失率※13 5.4 5.2 5.5 4.4 5.1 %
SF6ガス排出量 0.1 0.1 0.1 0.1 0.2 t
 ・点検時(再掲) 0.1 0.1 0.1 0 0.2 t
 ・撤去時(再掲) 0 0 0 0.1 0.1 t
SF6ガス回収率
 ・点検時 98.8 99.1 99.3 99.6 98.5 %
 ・撤去時 99.5 99.1 99.6 99.3 99.3 %
新エネルギーの開発導入状況
(自社設備年度末累積)
各年度の開発実績 36,500 31,464 9,080 500 3,890 kW
年度末累計※14 66,890 98,354 107,434 107,934 111,824
 ・太陽光発電 11,662 11,000 11,000 11,000 11,000
 ・風力発電 153 0 0 0 0
 ・燃料電池 0 0 0 0 0
省エネ・省資源
(オフィス部門)
事務所電気使用量※15 79 78 80 77 78 百万kWh
生活用水使用量※15 461 424 454 452 425 千m3
車両燃費 10.73 11.13 11.13 11.31 11.4 km/リットル
車両燃料使用量(ガソリン) 2.6 2.3 2.2 2.1 2.0 千kリットル
車両燃料使用量(軽油) 0.5 0.3 0.3 0.3 0.3 千kリットル
コピー用紙使用量 839 908 961 809 772 t
低公害車の導入比率※16 86.1 86.2 86.4 90.0 91.3 %
オフィス活動に伴うCO2の排出※17 事務所電気 4.2 3.9 3.9 3.3 2.6 万t-CO2
生活用水 0.01 0.01 0.01 0.01 0.01 万t-CO2
車両燃料 0.7 0.6 0.6 0.6 0.5 万t-CO2
  • ※1 CO2排出量は、火力発電所で発電のために使用した燃料の消費によるCO2排出量であり、他社購入電力分も含む。
  • ※2 2018年度の数値は暫定値であり、正式には「地球温暖化対策の推進に関する法律」等に基づき、国からCO2排出係数の実績値が別途公表される。
  • ※3 調整後には、再生可能エネルギーの固定価格買取制度に伴う環境価値等の調整が反映されている。
    • CO2排出量=CO2排出量(調整前)+固定価格買取調整CO2排出量等
  • ※4 CO2排出係数(使用端)は、関西電力(株)の電気1kWhご使用あたりのCO2排出量。
    • CO2排出係数(使用端)(調整前)=CO2排出量(調整前)÷販売電力量
    • CO2排出係数(使用端)(調整後)=CO2排出量(調整後)÷販売電力量
  • ※5 世界のCO2排出量(エネルギー起源):IEA「CO2 EMISSION FROM FUEL COMBUSTION」2015 EDITION
  • ※6 日本のCO2排出量:出典「温室効果ガスインベントリオフィス(国立環境研究所地球環境研究センター)」
  • ※7 電気事業のCO2排出量、CO2排出係数(2014年度までは電気事業連合会および新電力有志の実績合計、2015年度以降は年度以降は協議会会員事業者のうち、当該年度に協議会の下で事業活動を行っていた事業者の実績):低炭素協議会 フォローアップ実績 2017年度 政府提出資料
  • ※8 2010年度実績より公表。それぞれCO2換算。
  • ※9 原子力発電設備利用率=発電電力量÷(認可出力×暦時間数)×100
  • ※10 火力総合送電端熱効率=(送電電力量×kWhあたり熱量)÷投入総熱量(低位発熱量基準)×100
  • ※11 「エネルギーの使用の合理化に関する法律」に基づく国への報告値を記載。(化石燃料使用量、購入電力量、購入熱量)
  • ※13 送配電損失率=[1-{(販売電力量+変電所所内電力量)÷(発受電電力量-自社発電所所内電力量)}]×100
  • ※14 2014年度までの実績については、自社消費用の設備を含む。
  • ※15 事務所電気使用量ならびに生活用水使用量の実績については、算定対象の範囲の見直しを実施。
  • ※16 低公害車の導入比率=低公害車購入台数÷全車両台数×100
  • ※17 事務所電気使用に伴うCO2排出量=電気使用量×CO2クレジット等反映後排出係数、
    生活用水使用に伴うCO2排出量=生活用水使用量×排出係数、
    車両利用に伴うCO2排出量=車両燃料使用量×燃料別係数
  • *(出典)環境省 エネルギー経済統計要覧
ABOUT US
検索ワード