先輩社員紹介

関西電力を志望した動機はなんですか?

就職活動を始めた頃は生活に密接に関わる仕事がしたいと漠然と思っているだけで、具体的にどの仕事に就きたいのか決めきれてない状況でした。そんな私が関西電力を志望するきっかけとなったのが高専での企業説明会でした。企業説明会の際、関西電力の担当の方が、「夜景を見たときにこの電気を自分の会社がつくっていると思ったら感動する」と話をされていて、私も同じ気持ちになりたいと思いました。説明会で実際に話を聞き、改めてスケールの大きな仕事だと感じました。24時間365日絶え間なく必要とされる電力を安定供給するという仕事は使命感の強い仕事です。その仕事を自分の仕事にできたら、誇りややりがいを持つことができると思い入社を希望しました。

現在の仕事内容

現在は姫路電力部 通信グループで、社内情報通信ネットワークの設備工事・保守・運用を担当しています。具体的には変電所や無線中継所などの現場でIPネットワーク機器や、無線・光伝送設備などの点検や新設・除却工事の立会業務などを行っています。姫路電力部管内はエリアも広く、泊りがけの出張もありますが、多くの作業現場でさまざまな機器や設備、作業を学び、日々知識・技術の習得に努めています。
他部門の方から「パソコンが繋がらない、電話が使えない」などの相談を受けた時、自分が対応したことで使えるようになるとやっぱりうれしく思いますし、直接電力供給に関わる部門ではありませんが、社内情報通信ネットワークを通じて陰ながら支えていると思うとやりがいも感じます。また、技術系でなければ関わることのない機器のしくみや構成について、実際に見て触れることで、知識の幅も拡がり、楽しく仕事ができていると思います。

検索ワード