先輩社員紹介

関西電力を志望した動機はなんですか?

私は「やりがいのある大きな仕事」がしたいと思い、さまざまな就職先を検討していました。また、高専で学んだ電気電子工学の知識を活かしていきたいと考えていました。そんな中、見つけたのが関西電力でした。インターンシップに参加してみると、ライフラインの供給はもちろん、多種多様な事業展開や、将来を見据えた長期的な経営戦略があることを知り、この会社は関西だけでなく「今後の日本を支える企業になる」と感じました。関西電力は私が思う「やりがいのある大きな仕事」にピッタリだと思い、入社を志望しました。

現在の仕事内容

大飯発電所の第一発電室にて3交替の当直勤務でプラントの運転管理業務を行っています。私の担当は、主機員として蒸気タービンおよびそれに付属する設備の起動停止操作や、プラントならびに機器に異常がないかを中央制御室や現場で監視・点検することです。
機器操作の際は、司令塔のように制御室から現場の補機員に指示を出します。指示を出すときは現場の弁の配置や配管の形状、機器の特性などを把握していないとうまく指示が出せないので設備に関する深い知識が不可欠です。実務や教育などを通して少しでも多くの知識を身につけ、発電所業務のプロになれるように努めています。

検索ワード