ルーキーズボイス

関西電力を志望した動機はなんですか?

私たちの生活に必要な電気をつくり、守り、お客さまの元へ届けている電力会社に以前から興味がありました。その中でも関西電力を志望した理由は大きく二つあります。一つ目に業界内でも先を行くチャレンジ精神です。不可能と言われていた黒部ダムの建設、日本初の商業用原子炉の導入など、業界内でも先を行く姿勢に感銘を受けました。二つ目に社員一人ひとりが使命感を持ち仕事をしているということです。阪神淡路大震災では、家族の安全を確認した後、自らも被災者であるのに電気を守るという使命のもと、復旧に向かった話を聞きました。私もそのような素晴らしい会社で働きたいと思ったことや、この会社ならやりがいを感じられるのではないかと思ったため、関西電力を志望しました。

現在の仕事内容

現在、私は地中送電部門に所属しており、主に街中にあるマンホール、鉄塔などの設備の巡視、点検、補修などの保全業務を行っています。現場での作業が終わった後は、事務所にもどり、報告書の作成などを行っています。日々の作業は、主に2~4人程度で行うことが多いです。そのため、全員で一つの作業をやり遂げる一体感と、大変な作業を終えた際の達成感を味わえることがやりがいとなっています。また、所属する職場が管轄している地域は大阪府北部地域で、大阪市3区と豊中市などの7市3町で、管内にはJR新大阪駅や大阪国際空港などの交通の拠点を中心に、多数のビジネス街、繁華街、高層住宅地域などがあります。この様に重要なエリアの社会インフラの保全を担うことで、地域の経済や人々の生活を守っているという業務に強い緊張感が生じますが、同時に大きなやりがいに繋がっています。

検索ワード